Apr 20, 2009

illustration: Oscar Josef von Bernhard und Bruno Eimer (1939)


ヨッヘンの先輩方、ベルンハルト(右)アイマー(左)をupしました。この前よりクローズアップなので大分目が楽でした。やっぱり目にやさしい大きさが一番!ちなみに2人とも中尉の頃で互いにM36型チュニックを着ております。砲兵なので兵科色は鮮やかな赤です。

アイマー中尉は第2級鉄十字章(1939年章)をボタンホールにつけています。略綬はオーストリア併合とズデーテンラント併合。ベルンハルト中尉は第1次大戦に従軍しています。その時に2鉄を授与(1914年章)されており今回で2度目なので、1939年の略章を付けた略綬が左に(2鉄は必ず一番左に着けます)、ヒンデンブルククロスの剣無が2番目(第1次世界大戦に従事した皆さんに授与された)、勤続賞が3番目、オーストリア併合、ズデーテンラント併合と続きます。

ベルンハルトの髪色は黒に近い焦げ茶色、目の色は深い青色。アイマーの髪色は黄土色に近い茶色、目の色はヘーゼル(Hazel)。レイリー散乱と適度のメラニン色素によって、いろんな色にみえるので、北米では「環境によって変化する目の色」の代名詞なんだそうです。 彼らの詳細です(左から):

ブルーノ・アイマーBruno Eimer
1909年6月21日 ドイツ帝国 ザクセン王国 ライプツィヒ生まれ O型

オスカー・フォン・ベルンハルトOscar Josef von Bernhard
1899年7月2日 B型
ドイツ帝国 プロイセン王国 東プロイセン州 ケーニヒスベルク 生まれ
ザクセン州 ゲルリッツ在住

0 comments:

Post a Comment