Feb 6, 2012

Jochen and Jochen


Hello all. It's new WWII artwork about my original novel.
From left side: Leutnant Joachim "Jochen" Linde, Fahnenjunkerunteroffizier Jochen M and one of his Paris Girl friend :) Time is in 1940. Please click the work.
(クリックすると画像がハッキリします)

Diviantart page

お~今日はトリュフォーの誕生日ですね。ちなみに私事ですが私の弟の誕生日でございます(笑)

本当は1月中に終えたかったのですが、仕事の方が立て込んでいたので間に合わず、2月にずり込みました。気楽にご覧頂ければ幸いです。でも、気になって頂いた方のためにユルユル解説。

時代背景はヨッヘン・M(誰の事だか分かる人にはわかる 笑)が第2教導航空団(LG2=Lehrgeschwader)へ転属した、1940年8月10日~9月30日で、2級鉄十字章を受章(9月9日)する前なので7月~8月頃です。LG2はバ=ド=カレー州マルク(Marck)に駐留していました。

この頃のヨッヘン・Mは士官候補生軍曹。Fahnenjunkerunteroffizierは士官候補生将校とも訳せますがunteroffizierが軍曹なので士官候補生軍曹と訳すことにしました。
私が見たことのある士官候補生時代の2枚の写真のうち、この形の比翼のチュニックがブカブカじゃないかと思うほど本当に細い!実際に見かけたものは士官候補生伍長と少尉候補生の頃の制服だったので、どっちの制服にしようかなと迷いましたが比翼の方を選びました。不良青年なので外出着をわざわざ着ないでパリまでふらっと出てきたイメージ。

ヨッヘン・M、別名は使わない方向で行こうかと思うようになりましたので、物語の中でも渾名とイニシャルで表すようにしました。だって、あの顔見たら誰だってわかっちゃうし~

一方、もう一人のヨッヘン、リンデ少尉の部隊もフランスに来ていました。ポーランド戦の後、前進観測班にいたリンデ少尉は戦前に砲兵訓練も受けており、新設された突撃砲兵部隊に転属し、訓練を受けました。パリに用事があったので近況でも語ろうかと会う約束をしたのですが、ヨッヘン・Mはナンパしたパリジャンを連れていました(笑)

ところが、この「ふらっと」が長旅。(飛行機だったら別だけど)
パリ北駅からカレー・ヴィル駅は約2~3時間くらい、ローカル線だと6時間くらい掛かるそうです。また、パリ東駅からカレーまで行くバスもあるらしいです。ドーバーからカレーに行った方が早そうですね(^^;)
それでも、フランスに来たのなら1度で良いからパリに行きたいと思うもんですって。ヨッヘン・Mの場合は自分と同じ地名の、自分のルーツである土地を訪れてみたかったりするのかもしれませんね。


にほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へにほんブログ村 映画ブログ ドキュメンタリー映画へ

0 comments:

Post a Comment